省く

「吾れ日に、吾が身を三省す」(論語)

 

「1日の中で、しばしば自分自身と対話して、自分自身を省(かえり)みよう!そして、アカンことは省(はぶ)こう!改善すべきところは、改善しよう!」(勝手私訳) 


三省とは三回反省しようということではなく、「三」とは、しばしばとか、常にとか、たくさんという意味があるらしい。古典を読んでいると「三軍」なんて表現がよく出てきますが、これも三つの軍ではなく、大軍なんて意味だそうです。確かに、孔子さんが毎日三回反省すべし!なんて、マニュアル的表現するはずもなく、自分自身と常に対話せなアカンとおっしゃられている訳ですね。


そして、単に省(かえり)みるだけでなく、省(はぶ)くことがあれば、省(はぶ)くべし…と。省みるだけではだめで、改善すべきところは改善しようというということですね。


「省」にも深い意味がございます。

                  研修風景

人と組織が輝く講演会! 鎌倉敏之助 公式サイト

人と組織の変革を応援する鎌倉敏之助(びんのすけ)参上!