「志」とは「こころ、指し」

「君がおらぬと、周囲が困るような人になりなさい」(平澤興・京都大学元総長)


こうした先人の力強い言葉は、自分との対話につながり、背筋を伸ばしてくれます。


あなたがいなくなると困る人は誰でしょうか?

その人たちがもっと喜ぶために出来ることは何でしょうか?


こうした問いと向き合うことで、自分自身の「志」という「心、指す」方向が浮かび上がってくるのではないでしょうか。

相手に喜んでいただけると、心が豊かになり、ますます「心、指す」エネルギーを高めてくれるはずです。



人と組織が輝く講演会! 鎌倉敏之助 公式サイト

人と組織の変革を応援する鎌倉敏之助(びんのすけ)参上!